買取を拒否される可能性が高いモノ

買取業者の中には、ブランドバッグに傷や汚れがある場合や時計が通常に作動しなくなった場合等でも買い取ってくれるところがあります。

どのような状態のものでも買い取りますと広告で大きく謳われていても、中には買い取ってもらえないものもあります。

買取業者は、ブランドバッグであれば買取後にクリーニングを行い商品として扱えるほどの状態に戻した上で、他の業者や個人に再販しています。

腕時計に関しても同じく、故障や不動があれば修理を行い、動くものであればまたそのまま腕時計として、時計として使い物にならないものであれば分解して部品を販売することもあります。

このように、多少難のあるものでも買い取ってもらうことは可能ですが、それにも限度があり、どうメンテナンスしてもブランドバッグとしてはもう使い物にならないほど破れていたり、原型がないほど壊れてしまっている時計などはブランド品と言うことができなくなってしまうため、買い取ってもらえない可能性もあります。

また、保証書がなくブランド品であるとはっきり証明することができない場合や、購入元が不確かで偽造品と疑われる場合についても買取を拒否されることがありますのでご注意ください。